作曲家・富山優子 音に言葉

日々之音楽・思考・言葉

Wake up, wake up, a beautiful morning.

緑まぶしい季節。空気を吸うだけで気持ちがよい。
陽射しもうつくしい。

 

昨年末にも一緒に演奏したKIJIMA SOUND SYSTEMに、今度は曲数多めでゲスト参加します。ゴールデンウィークの入り口に、よろしくお願いいたします☆☆

 

f:id:ytomiyama:20161219114740j:plain

 

4月28日(金)
江古田buddy

OPEN 18:00 / START 19:00

■一般:¥2500 / 学割:¥1500 ■+1ワンドリンクオーダー:¥600
*中学生以下無料

■出演
anna mirrors
Vo&Gt:タッチ

処女A
曼荼羅P 他

KIJIMA SOUND SYSTEM
Vo&Pf:富山優子
Dr:永田真毅(在日ファンク)
Vo&Fiddle:大渕愛子(ハモニカクリームス)
Gt:大橋大哉(橙)
Gt:佐藤真一(ケバブジョンソン)
Ba:若山隆行
Perc:清水博志(東京ホームランセンター)
Key&cond:永田壮一郎

■DJ
レコード水越(suppa micro pamchopp)

http://suppasuppa.web.fc2.com/

YouTube 『KIJIMA SOUND SYSTEM』

 

江古田buddy
東京都練馬区旭丘1-77-8 双葉会館B2F
TEL:03-3953-1152(15:00~)

ありがとうございました 3/10富山優子トリオ+樋口裕志@Doppo円形劇場

立ち見も出る大盛況、満員御礼ありがとうございました!

 

【セットリスト】

1.Click,Flick,Days

2.よろこびの種

3.羊は列車から降りて

4.ホントのワ・タ・シ

5.Realite~レアリテ

6.揺り舟

7.永遠を観る子供たち

8.みずうみ(樋口・富山の合作)

enc.Walkin', Walkin Dream

 

f:id:ytomiyama:20170313093218j:plain

お客様の真ん中で演奏する円形劇場は、演奏者同士の距離が近くて面白かったです。

ベース:上田哲也
ドラムス:よしじまともひと
ギター:樋口裕志

 

f:id:ytomiyama:20170313093304j:plain

f:id:ytomiyama:20170313093323j:plain

f:id:ytomiyama:20170313093344j:plain

 

樋口さんとの合作曲『みずうみ』では、ギターを弾きました。とうとうバンドでも・・・!

借り物のエレガットです。

f:id:ytomiyama:20170313093413j:plain

 

f:id:ytomiyama:20170313093507j:plain

 

ゲストの樋口さん、ありがとうございました!

f:id:ytomiyama:20170313094542j:plain

 

 

ひさびさ対バンのtaika(バンド)は、ゴリゴリに熱い演奏を聴かせてくれました。バンドとしてかっこいいし、リハからベースのDaniさんの高い音響知識を随所に感じてしまった。今度Daniさんのスタジオに遊び行こう。

f:id:ytomiyama:20170313093553j:plain

 

終演後、撮影のため、taikaのピアノ・高橋在也さんとピアノの所に二人で座ったら最後、始まるセッション。隙あらばってかんじの我々です。『おおグリーン』の連弾語りを楽しみました。弾きながら主旋律を歌いながら所々対旋律に移りながら人とハモるのは難しい。頭つかった。在也さんも歌ってた。ありがとう。

f:id:ytomiyama:20170313093544j:plain

 

一緒にやってくれるよしじまさん、上田さん、いつもありがとうございます。
またやりましょう!

f:id:ytomiyama:20170313095140j:plain

 

3月8日 i only said~だんだん遠くにうする

今日は岡山のおばあちゃんの命日。亡くなってから丸3年が経ちました。

自分と精神的に近しい従兄弟と、おばあちゃんトークをする。こうやって記憶を強化しないと、どんどんいなくなってしまう。

 

おばあちゃんは本当に多趣味で、常に能動的に生きた人だった。裏千家茶道の教授やコーラス、華道、一時期は社交ダンス(!)まで、どれも自分から取りにいく体験型の趣味で、しかも”生き延びるための生活”と直接は関係しない。これ最近、歌人穂村弘の本を幾つか読んだ中で共通して書かれていたことなんだけど、”生き延びる”と”生きる”の違い。”生き延びる”は、生命を継続するための健康や資源の確保を優先させること、”生きる”は…なんだろう、「それではない」としか言えないんだけど、いわば”文化”に相当する分野なのかな。

 

おばあちゃんは生活の中でも面白くて、例えば100g=1,000円もする肉(特売なら100g=100円未満で買えます)を少しだけ食べるとか、せっかく生食できる新鮮な刺身用サーモンを軽く炙って食べるとか、自分でも「もう年寄りなんだから良いものを少しだけ食べたい」って言ってたけど、そんなふうに生命維持の食事分野でも遊びが感じられて、「生き延びるための食事」だけでは嫌だったんだなってことを晩年知って驚愕したことがあった。

 

おばあちゃんは早くに夫も両親も看取り、東京に出てきてしまった子供とも離れて一人でやってきて孤独だったろうけど、自分で好きに自分の生活を作ってやれてた所が本当に、強いしかっこいいなぁと改めて思っている。孤独な晩年…ほんとマジで他人事じゃないんだけど、”生きる”ことを生きていればそんなに寂しくもないのかな、ってちょっとした期待は持っている。

ありがとうございました 3/5ソロ演奏@渋谷ラストワルツ

日曜の夜、沢山のご来場ありがとうございました!

f:id:ytomiyama:20170307091546j:plain

 

【セットリスト】

1.のこと

2.卒業

3.Dear東京(新曲)

4.ひとつだけ

5.おおグリーン(ギター弾き語り)

6.三月の水(ジョビンの曲、日本語詞をつけて)

7.おばあちゃんのうた

8.ゆっときたい(新曲)

9.おんがくのかみさま

 

f:id:ytomiyama:20170307091607j:plain

 

 

3月に入ったので、それに見合う選曲にしました。

祖母の命日は3月8日です。もうすぐ丸3年。にわかに信じがたい。

不在であるとは。

f:id:ytomiyama:20170305185740j:plain

 

 

共演のビンゴマユさん、フミノさん、ありがとうございました。

久しぶりに会ったフミノ、気持ちよさそうに歌っていたな。元気でよかった。

また会いましょう◎

G男もP雄も好きなんだ本当は

最近ギターギターばかり言っていたからか、鍵盤もいいなぁと思う今日このごろ。

目移りしていけません。でも好きなんだ楽器全般。音楽全般。

 

先日のライブリハーサル動画をアップロードします。柳本小百合a.k.a.じょうろちゃんとのツーマンライブ、まさにこの日のための描き下ろし新曲、その名も『じょうろちゃんの仕業』。
こんなタイトルつけちゃっても、じょうろちゃんは怒りませんでした。よかったです。

 

内容は、自分としては初のインストゥルメンタルミニマル・ミュージック
懐かしくて逆に新鮮なスタイル。
お楽しみください。

 

www.youtube.com