読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作曲家・富山優子 音に言葉

日々之音楽・思考・言葉

ライブ活動 日常・非日常?

いきいきとした演奏・追い詰められた演奏

を生み出すためには、演奏活動が非日常のほうがいいんじゃないか?

 

と思うんだけど、どうだろう。

毎日のように演奏やリハーサルを繰り返すオーケストラが毎日のようにいきいきとした演奏を生み出し続けるのは困難ではないか。

たぶん困難なのだろう。

演奏に緊張感を持ち続けるためには、お客さんの存在が不可欠です。

 

家のほうがリラックス出来て良い演奏が出来るのかと思いきや、

そうでもないのではないか。

振り返ってみると、お客さんの前で演奏するほうが、よくもわるくも練習とは違う演奏をしている。

良い/悪いふくめて、日常では行われない演奏体験をするために、人の前でライブしてるんだな。

今頃気づいたな。

ばかだな。

次からは、そんな気持ちでやろう。

 

 

人の前に出るの、そんなに得意じゃないから、ライブもけっこう、きついなって思うことあるけど

続けていると感覚がヘンになってくるのか、

ライブの疲れやストレスがあってこそ日常の平穏を噛みしめられるというか、

生きててよかったと思うのは死にかけた時、みたいな感じがしてきています。ライブじゃ、死なないけど。

ライブが全く無かったら、日常の平穏さも感じられないんだろうな。

 

 

そういや最初に自主的な活動を始めたのは音楽よりも演劇で、

そのときは時間もあったし、ヘタクソなくせにやりたくて、無茶苦茶で、今思うととても恥ずかしい結果ばかりだし、

初めてだらけだったもので「早く慣れたい」って思ってたけど、

楽しかったな。

慣れてきた今、「初めての新鮮が少なくて退屈」とすら思うのだから、贅沢なものだ。

ルーチンな部分は慣れてもいいから、演奏にはいつも新鮮な気持ちで取り組みたいものです。

 

来月はレコーディングと編集しまくらなくちゃ。

こわいような楽しみなような。

今年は8月もライブやります。

暑いだろうけど、よろしくね。

 

 

2013年7月20日(土)
三軒茶屋 グレープフルーツムーン
『石山ゑり 2ndアルバム「カセット」リリースツアー “旅するカセット"』

 

開場 / 開演 12:30 / 13:00

出演 石山ゑり・富山優子・山川裕也

料金

予約¥2,000/予約なし¥2,500(ともに + 1drink¥500)

 

予約・お問い合わせ

三軒茶屋 グレープフルーツムーン 03-3487-8159

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1

 

石山ゑりさんのレコ発ライブにおじゃまします!

(富山優子エレクトリックバンドとしての演奏もやります)