読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作曲家・富山優子 音に言葉

日々之音楽・思考・言葉

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

去年は、着実に仕留める感じの動きで、

お蔭様でセカンドアルバム制作もツアーも敢行できました。

今年はもう少し「攻め」の動きをしていこうと思っています。

 

 

さて初日の出を見に、初めて登山をしてきました。

といっても近場の高尾山です。

先日、簡易バーナーと鍋を頂いたので、これを使ってみたいがために計画しました。

 

気分は遠足

f:id:ytomiyama:20131230162300j:plain

 

臨時列車(『迎光号』というらしい)に乗り、暗い中ケーブルカーの駅に着くと、既に溢れんばかりの人で埋め尽くされていました。

その後も、リフト降り場では人波で動けなくなり、途中の薬王院では長蛇の列に並び、山頂入り口では入山規制で登れなくなりました。

さすがミシュラン三ツ星・・・きっと山頂では泊まりで待機しているのでしょう。

 

3時起きまでしたのに山頂でご来光を拝めない悲しみ。

初日の出に賭ける人々の執念を感じました。

 

メンズナックルとタイ人の集団に囲まれ、規制解除を待ちました。

 

木々の隙間から見える日の出

f:id:ytomiyama:20140101065700j:plain

 

とてもとても寒かったので、タイ人グループはこれを見たらすぐに下山してしまいました。メンズナックル達も、「寒すぎて無理」とずっと言っていました。それはそうでしょう、夜の山なのに普段着で来ている若者が多すぎる。

 

規制解除後、山頂での日の出。ようやく見られました。

f:id:ytomiyama:20140101071100j:plain

 

 

遠くに富士山

f:id:ytomiyama:20140101071300j:plain

 

 

 

一息つけそうな場所を探して、朝ごはんにしました。

高尾山名物の「なめこ汁」へのオマージュ。

f:id:ytomiyama:20140101073200j:plain

 

 

握っていったおにぎりが、あまりにも冷たかった。

でも美味しかった。

外で食事をするのは気分が良い。

 

よい新年が迎えられました。

今年も誇り高き一年であります様。