作曲家・富山優子 音に言葉

日々之音楽・思考・言葉

『優子の音楽実験室その3』沢山のご来場まことにありがとうございました!

私にとって、4thアルバム発売記念ライブであり、弦楽四重奏とのコラボレーションライブであり、とても思い出深い一日となりました。

 

第一部 ピアノ弾き語りソロ
アルバム『フォーマルハウト』全曲

01.フォーマルハウト
02.わたしたちは、たった、ひとりだ。
03.Intro
04.やがてゼロになる
05.Danza homeopathy
06.屍(かばね)
07.Lunch of Hummingbird
08.ワンダーワールド
09.ゆっときたい
10.Air~エア
11.おうい鳥よ
12.光のトレモロ

 

神保町試聴室のピアノで、気持ちよく演奏できました。

f:id:ytomiyama:20181111120552j:plain

f:id:ytomiyama:20181111120602j:plain

 

第二部
弦楽四重奏団による演奏

01.おんがくのかみさま
02.かっこう
03.デジャヴュ
04.牛追い人のソネット
05.ハイデリッヒ
06.この世の果て
07.吾子(あこ)
08.おおグリーン
09.Walkin', Walkin' Dream

Enc.アイランド(新曲。ボーカル+弦楽四重奏

作曲・編曲 富山優子
演奏 おねカルテット


おねカルテット

バイオリン
 有村実保子
 岩出なつみ
ビオラ
 宇津木あい
チェロ
 沖澤直子

 

f:id:ytomiyama:20181110212050j:plain

 

第二部では自身の曲を弦楽四重奏用に編曲したものを、演奏していただきました。

ピアノ弾き語り曲から歌詞と声を取り除き、全く別の編成に編曲するとどの程度まで成立するのか、を実験しました。

 

素敵な皆様のおかげで、実験成功しました!どうもありがとうございます◎

アンコール曲として、今回のために書いた新曲『アイランド』を5人で演奏しました。

f:id:ytomiyama:20181111121358j:plain

 

また新しい音の世界が見えてきたような気がします。

沢山のご来場と、メンバー全員への花束もありがとうございました。

f:id:ytomiyama:20181111123518j:plain

f:id:ytomiyama:20181111123527j:plain

f:id:ytomiyama:20181111123539j:plain

f:id:ytomiyama:20181111123550j:plain

f:id:ytomiyama:20181111123559j:plain

 

頂いたプレゼント、メッセージカード、お土産も、これからゆっくり愉しませていただきますね。

f:id:ytomiyama:20181111121818j:plain

 

演奏で参加してくれた”おねカルテット”のメンバー、初めてご来場くださったお客様、いつも応援してくださる皆様、遠くからエールをくださった方々、本当にありがとうございました。

皆様のおかげで、大切な一日になりました。

f:id:ytomiyama:20181111123920j:plain

 

また聴いてくださいね!

『優子の音楽実験室その3』いよいよ明日です。

明日11月10日は、いよいよ年1回の実験室をやります。

今回は4thアルバムの初売りという記念日でもあります。

ゲストには弦楽四重奏をお呼びしました。こちらもなかなかない機会なので、是非聴いていただきたいです。
ご予約は info-tomiyama-yuko.com まで、お名前・人数を送ってください。

 

*鑑賞中のお願い

 演奏中は、主催者側以外の方の撮影と録音はお断りしております。
 写真撮影用の曲を設けますので、そのときにお願いします。

 

2018年11月10日(土)
神保町試聴室
『優子の音楽実験室その3

~4thアルバム発売記念イベントライブ

開場 / 開演
18:30 / 19:00

出演
富山優子 / おねカルテット

料金
ご予約¥2,500/当日¥2,800(ともに1ドリンク、スナック込)

予約・お問い合わせ
神保町試聴室
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階

新たな実験内容で、今年もワンマンライブやります!

 

f:id:ytomiyama:20181030120856j:plain

f:id:ytomiyama:20181030120928j:plain

f:id:ytomiyama:20181109121321j:plain

【新譜リリース情報解禁】

f:id:ytomiyama:20181109120558j:plain

 

富山優子 ピアノ弾き語り4thアルバム 『フォーマルハウト』

言葉は灯り、音はひかり。揺らめきながら心の隅々まで照らす、十二編のストーリー。
音と言葉が一体となったピアノ弾き語り四部作が、遂に完成。

レーベル TOMMY Records
品番 tom-0006
全国流通販売開始日 2019/1/10
価格 2,000円(税込)

TRACK LIST:
01.フォーマルハウト
02.わたしたちは、たった、ひとりだ。
03.Intro
04.やがてゼロになる
05.Danza homeopathy
06.屍(かばね)
07.Lunch of Hummingbird
08.ワンダーワールド
09.ゆっときたい
10.Air~エア
11.おうい鳥よ
12.光のトレモロ

2011年にリリースした2枚組の1stアルバムから着々と新作を重ねてきた富山優子による、4枚目のフルアルバム。
今作では、作詞・作曲・演奏・録音・編集・ジャケット作成・写真・プロデュースの全てを手掛けた。
クラシックをはじめとする西洋音楽への深い理解と、同時代に生きるものとしての研ぎすまされた感覚はそのままに、
英語による作詞やインストゥルメンタル重視の楽曲などの新しい試みもみられ、作品の幅は更に広がっている。
1枚目から4枚目までのアルバムジャケットは順番に、春・夏・秋・冬のイメージで作られている。

○2018年11月10日よりライブ会場限定販売
11月10日(土)神保町・試聴室『優子の音楽実験室その3』
11月23日(祝)名古屋今池・バレンタインドライブ(富山優子トリオ)
11月24日(土)名古屋吹上・たたらば
12月 6日(木)北参道・ストロボカフェ
12月 7日(金)阿佐ヶ谷・ネクストサンデー
12月 8日(土)神保町・試聴室
12月16日(日)高円寺・U-hA
12月22日(土)四谷Doppo(富山優子トリオ)
12月28日(金)水道橋Words

詳細なライブ情報 http://www.tomiyama-yuko.com/live.html

○2018年11月10日より通信販売受付開始
TOMMY Records通信販
 CD価格+送料無料
 (銀行振り込みのみ。振り込み手数料はお客様負担となります。)
信販売のご注文は info@tomiyama-yuko.com まで

○2019年1月10日より全国流通販売開始
流通会社(株)ブリッジ

11月10日 優子の音楽実験室その3 もうすぐです。

その1(2016年)は完全ソロで、ピアノ・シンセ・ボーカルを使った演奏会形式ミサを

その2(2017年)は2ステージで、即興ピアノと5人組のバンドで

その3(2018年)はソロと、弦楽カルテットでお送りします。

 

この年1回企画は、いろんな形を試せる場所になってきています。

今年もたくさんのお客様に、実験参加していただきたいです。

ぜひとも、よろしくお願い致します☆

 

2018年11月10日(土)
神保町試聴室
『優子の音楽実験室その3

~4thアルバム発売記念イベントライブ

開場 / 開演
18:30 / 19:00

出演
富山優子 / おねカルテット

料金
ご予約¥2,500/当日¥2,800(ともに1ドリンク、スナック込)

予約・お問い合わせ
神保町試聴室
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階

新たな実験内容で、今年もワンマンライブやります!

ご予約はinfo@tomiyama-yuko.comまで

 

 

おねカルテット

Violin
 有村実保子
 岩出なつみ
Viola
 宇津木あい
Violoncello
 沖澤直子

国立音楽大学出身の同期が久しぶりの再会を望み、2018年に結成した弦楽カルテット。カルテット名は、リーダーの岩出なつみが率いる兄弟3人ユニット"オプチミシン"で、長女のため「おね」と呼ばれていることに由来する。

 

f:id:ytomiyama:20181030120856j:plain

 

f:id:ytomiyama:20181030120928j:plain

何かのためではない生き方

曲を作りたい。
演奏がしたい。
泳ぎたい。
走りたい。
山を歩きたい。
映画を観たい。
小説を読みたい。
お笑いが見たい。
甘いものが食べたい。
友達と話したい。

 

やりたいことが多すぎて、一日のうちで少ししか出来ずに今日も終わる。
けど、そんなに沢山のやりたいことが持てる今が嬉しい。

 

「何かのために生きなくてはいけないんじゃないか」と、強迫観念のように刷り込まれているのは何故だろう?もうそろそろ、「何かのために」生きるのをやめても良いんじゃないだろうか。お国のために生き、組織のために生き、誰かのために生き、自分のために生き、すべき何かの「ために」生きるやりかた。明確な目的を持ち、それを達成するために生きる方法は、もうそろそろ手放しても良いんじゃないだろうか。何かのためではなく、やりたいことをやっていいんだ。これからは、やりたいことが出来る時代になってきたのだから。